WEBで発注するチラシ印刷のポイント

ホーム ≫ WEBで発注するチラシ印刷のポイント

発注前に、そもそもチラシとは?

チラシとは、商品の広告・宣伝のために作られた印刷物のこと。体裁は1枚の紙ですが、デザインや用紙の選び方などにより、さまざまな表現が可能になります。制作工程は一般の印刷物と同じですが、新聞や雑誌への折り込みなどで配布・拡散されるのが大きな特徴です。

何を重視するかにより、選ぶべき用紙は異なる

・加筆性重視 → 普通紙
申込書などの書き込み欄がある場合は、文字を書きやすい「普通紙」がよいでしょう。

・発色性重視 → マット紙
やさしさ、上品さを表現するには、つや消し加工した「マット紙」がよいでしょう。

・鮮明感重視 → 光沢紙
マット紙より豪華なツヤ感がほしいなら、表面がつややかな「光沢紙」がよいでしょう。

◇普通紙ががおすすめのチラシのタイプ

・文字情報が多いもの
・申し込み、アンケート欄を入れたデザイン

◇マット紙がおすすめのチラシのタイプ

・イラスト入りのデザイン
・高級感を出したいもの(不動産案内など)

◇光沢紙がおすすめのチラシのタイプ

・写真を多く使用するデザイン(生鮮食料品など)
・人目を引きたいもの(セールなど)

チラシの原稿を作成する際のポイント

チラシを制作する目的は何かというと、商品の魅力を簡潔に伝え、見る人に購買や行動を促すことです。そのため、企画、編集、原稿作成、デザインなどの要素が求められてきます。フォント(書体)や文字の選び方や、文字の大きさ、デザインなどが、人目を引くチラシに仕上がるかどうかを左右します。 印刷会社の中には、こうした原稿作成サービスに対応できるところもありますが、持ち込まれた原稿を指定通りに制作・納品するだけのところがほとんどです。そのため、原稿のアピール力を高めたい場合は、広告制作会社や広告代理店に制作を依頼した後に印刷するという手段も有効です。 その場合は、自社の分野に強い会社を選ぶこと、類似の制作実績をチェックすることが重要。実績とノウハウがある会社が力になってくれるはずです。

チラシ印刷発注の工程を確認

印刷には、主に「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」があり、チラシ印刷はいずれかの方法で印刷されます。印刷のために「版」を用意するのがオフセット印刷、版を使わずに印刷するのがオンデマンド印刷です。 一般的なチラシ印刷の流れは、オフセット印刷、オンデマンド印刷ともに下記のようになります。版を作るオフセット印刷ではプリプレス(原稿・版の制作)工程で、レイアウトを調整したり、誤字脱字をチェックしたり、しっかりと原稿を確認する必要があります。

工程1:プリプレス
1)印刷物の企画、編集やデザインを行う
2)原版を作成する(組版・版下・製版といった作業)
3)刷版

工程2:プレス
印刷を行う

工程3:ポストプレス
製本、光沢仕上げなどの加工を施す

付加サービスやトータル経費を確認しよう!

印刷会社の中には、入稿された原稿を刷るだけでなく、撮影やデザインなどの制作に協力してくれるところも。そうしたところは、撮影スタジオやデザイン部門などを社内外に持っていることがあります。チラシ制作の場合、商品写真やデザイン、原稿(キャッチコピーなど)に力を入れたいものですが、自社で対応できないこともしばしばです。そんな時は広告制作会社に依頼するという方法もありますが、印刷会社の中にはそうした作業も含めて請け負ってくれる会社もあります。印刷会社ですべてを依頼すれば手間がかからないだけでなく、コストがトータルで安くなる可能性も。

ただし、ホームページで紹介されている料金表を見るときは「印刷料金に含まれる範囲」に注意しましょう。「印刷激安」と表示されていても、激安なのは印刷費用のみで、後々になって割高な加工費(データチェック料、データ加工料など)が別途請求される場合もあります。すべての費用を盛り込んだ「最終的な見積もり」を取ってから正式に発注しましょう。

「ラクスル」のチラシ印刷のメリット&料金

ネット印刷「ラクスル」では、チラシ・フライヤーの印刷の利用ができます。翌日の印刷・出荷にも対応してもらえるので、急いでチラシの印刷をしたい時の強い味方。データ作成持にはテンプレートを無料ダウンロードできます。ワード・パワーポイントのデータも印刷可能なのも便利ですね。ポスティング、新聞の折り込み、イベントのフライヤー、特売のチラシなど、様々な印刷に対応してくれます。

紙のサイズはA3、A4、A5、A6、B4、B5、B6(変形にも対応)。用紙の種類は光沢紙(コート)、マット紙、普通紙(上質)、高級光沢紙(ハイマッキンレ―アート)の4種類。用紙の厚さは極薄、薄手、標準、少し厚手、厚手と5種類から選べます。印刷もカラー、モノクロ、両面、片面と希望に合わせて選択を。折り加工は13種類あるほか、ラミネート加工やPP(ポリプロピレン)加工もあるので、希望にぴったりのチラシをオーダーできます。

料金はA4サイズ10,000部(光沢紙・厚み標準・片面カラー・受付から10日後出荷)で、12,600円(税別)。受付日から1日後出荷の場合は22,400円です(税別)。短期の出荷になるほど高くなるので、低予算で考えている場合は余裕をもって発注を。最低100部からなので、必要枚数に合わせてオーダーできます。料金の詳細はラクスルのホームページに掲載されているので、参考にしてくださいね。