ポスター印刷をネットで発注する時のポイント

ホーム ≫ ポスター印刷をネットで発注する時のポイント

ポスター印刷について

ポスターとは、商品の宣伝やイベント告知、選挙などのために作られた印刷物のこと。壁や柱などに掲出されます。体裁は大きめの1枚の紙で、メインとなるビジュアルは写真やイラストなど。逆に文字要素は伝えたいことに絞って少なめにして、視覚に訴えことで宣伝・集客を図ります。ポスター印刷は、用紙のサイズ種類、表面の光沢加工の有無などにより、イメージが一変します。サイズが大きいため、家庭用のプリンターで出力することができないので、専門の業者に依頼して制作します。

選ぶべき用紙は?

・発色性重視 → マット紙
やさしく上品なイメージなら、つや消し加工した高級感ある「マット紙」がよいでしょう。

・鮮明感重視 → 光沢紙
マット紙より豪華なツヤ感がほしいなら、表面がつややかな「光沢紙」がよいでしょう。

・耐久性重視 → 耐水紙
長期間掲出する場合、屋外に掲出する場合は、水に強い「耐水紙」がよいでしょう。

※紙の厚みも薄手から厚手まであります。長期間掲出する場合は、厚手のものを選ぶと安心です。

◇マット紙が向いているポスターとは?

・イラストなどが入ったデザイン
・不動産案内などの高級感がほしいポスター

◇コート紙が向いているポスターとは?

・人物や商品などの写真が多く入ったデザイン
・人目を引きたいイベントなどのポスター

◇耐水紙が向いているポスターとは?

・雨に濡れる場所に掲出するポスター
・長期間掲出するため耐久性が求められるポスター

ポスター原稿作成のポイント

ポスター制作の目的は、商品やイベント、人物などの魅力を簡潔に伝え、見る人に購買や参加、行動を促すこと。また、フォント(書体)や文字の選び方や、文字の大きさ、デザインなどが、人目を引くポスターに仕上がるかどうかを左右します。ただし、自宅や職場に持ち帰ってじっくり読むものではないので、文字要素は最小限にしましょう。

印刷会社の中には、デザインからサポートしてくれるところもありますが、持ち込まれた原稿を指定通りに制作・納品するだけのところが大半です。そのため、原稿のアピール力を高めたい場合は、広告制作会社などに制作を依頼し、出来上がったデザインを印刷するという手段も有効です。その場合は、制作するポスターの分野に強い業者を選ぶこと、類似の制作実績をチェックすることが重要。実績とノウハウがある会社が力になってくれるはずです。

ポスター印刷発注の工程は?

印刷には、主に「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」があり、ポスター印刷はいずれかの方法になります。印刷するために「版」を用いるのがオフセット印刷、版無しで印刷するのがオンデマンド印刷です。

一般的なチラシ印刷の工程は、どちらの印刷の場合も下記のようになります。版を作るオフセット印刷ではプリプレスの段階で、レイアウトを調整、誤字脱字チェックをしっかりと行う必要があります。また、インクの乗りチェックや製版の調整のために「色校正」を行う場合もあります。その場合は別途料金がかかります。

工程1:プリプレス
1)印刷物の企画、編集やデザイン
2)原版を作成する(組版・版下・製版といった作業)
3)刷版

工程2:プレス
印刷を行う

工程3:ポストプレス
製本、光沢仕上げなどの加工を施す

製作費はトータルで確認しよう!

印刷会社には、原稿を印刷するだけでなく、撮影やデザインなどの制作に協力してくれる会社もあります。ポスターの場合、商品写真やデザインに相当の精度が求めら、素人では制作が難しい点もありますので、広告制作プロダクションを通すのが安心です。印刷会社ではデザイン制作から印刷までサポートしてくれる会社もありますので、こうした会社に依頼すれば手間がかかりません。コストがトータルで安くなる可能性もあります。

ただし、料金表を見るときは印刷費用以外の料金に注意しましょう。安いのは印刷費用だけで、割高な加工費(データチェック料、データ加工料など)が別にかかる場合もあるからです。すべての費用を盛り込んだ「最終的な見積もり」を取ってから正式に発注しましょう。

「ラクスル」のポスター印刷のメリット&料金

ネット印刷「ラクスル」では、ポスターの印刷の利用ができます。受付から1営業日後の印刷・出荷にも対応してもらえるので、急いでポスターの印刷をしたい時の強い味方。データ作成持にはテンプレートを無料ダウンロードできます。ポスター印刷だけでなく、イベントのフライヤー、特売のチラシなど、様々な印刷に対応してくれます。

紙のサイズはA1、A2、A3、B1、B2、B3。用紙の種類は光沢紙(コート)、マット紙、耐水紙の3種類。用紙の厚さは標準、厚手の2種類から選べます。

料金はB3サイズ10部(光沢紙・厚み標準・片面カラー・受付から9日後出荷)で、6,500円(税別)。受付日から1営業日後出荷の場合は10,000円です(税別)。短期の出荷になるほど高くなるので、予算を抑えたい場合は余裕をもって発注しましょう。最低10部から印刷可能なので、必要枚数に合わせてオーダーが可能です。料金の詳細はラクスルのホームページに掲載されているので、参考にしてくださいね。